モンスターカレンダー

« 2009年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009年11月アーカイブ

2009年11月17日放送


今あなたが便利に使っているもの、美味しく食べているもの、毎日見ているもの・・・、それらは一体誰のおかげだったのか?そのルーツをたどっていくと、意外な武将や偉人の恩恵があることが判明した。当番組ではいまだ知られていない現代のものへの歴史人物の恩恵の究明に成功した。

・首都高速道路は徳川家康のおかげ!
・あの国民的人気スポーツは織田信長のおかげ!
・あの癒しスポットは豊臣秀吉のおかげ!
・寿司が食べられるのは、命がけで寿司を握り続けた江戸のど根性偉人のおかげ!
・技術大国日本は江戸のからくり人形師のおかげ!
・歴史おかげMAP山手線の旅 など


江戸城を歩く(ヴィジュアル版)の著者である黒田涼さんも案内人として出演されるそうです。

絶対見る予定。


【参考リンク】
昔の人はスゴかった!! 歴史おかげですGP

あすはいよいよテレビ東京で放送!(黒田 涼と「江戸城を歩く」)

今日は平川門近くにある一ツ橋門跡に行ってきました。

場所は平川門から右側の信号を渡り丸紅東京本社の前を通って日本橋川(上に首都高)に向かって行った所。

一ツ橋門跡 一ツ橋


橋の手前すぐ右手に一ツ橋枡形門虎口の石垣の一部が残っています。かなりの大きさがあります。日本橋川の上には首都高が通っています。

一ツ橋門跡 枡形門虎口石垣の一部


一ツ橋枡形門虎口の石垣の側面です。

一ツ橋門跡 枡形門虎口石垣の一部(側面)


上の写真の右側にある歩道をちょこっと行った左手(ゴミ捨て場)に石垣に使われていただろうと思われる石が積まれています。この中に丸十の刻印がはっきりとわかる石があります。

一ツ橋門跡 丸十の刻印


かなり大きな石が積まれています。

一ツ橋門跡 積石


一ツ橋枡形門虎口の石垣を日本橋川の対岸から。形がはっきりとわかります。

一ツ橋門跡 枡形門虎口石垣の一部(正面から)


一ツ橋の上から雉子橋方面を見ると左側には中濠石垣を見ることが出来ます。多くの刻印が見れるそうですが、ここからではわかりませんでした。

一ツ橋門跡 一ツ橋から雉子橋方面

今日はパレスサイドビル(毎日新聞社)に行ってきました。

場所は東京メトロ東西線「竹橋駅」の改札を出てすぐにある9階建てのビル。

なぜパレスサイドビルに行ってみたかというとこのビルの屋上から江戸城を見ることが出来るからです。

屋上は平日の11:45から14:00(日によって違うみたいです)まで一般に開放されており、屋上からの眺めを楽しむことができます。

で、実際に屋上から江戸城を眺めてみたのですが予想以上の景色の良さに感動してしまいました。

平川濠の石垣の美しさや、平川門周辺(平川門、天神濠、平川濠、平川門から竹橋への帯曲輪など)の複雑な構造がこの屋上からだととても良くそれら複雑な構造を理解出来ると思います。

残念ながら許可無しでの撮影は不可ということなので写真撮影はあきらめましたが、それ以上にすばらしい景色を楽しめました。

とてもオススメな場所だと思います。

【関連リンク】
パレスサイドビル

今日は皇居前広場及び皇居外苑で天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典が行われましたね。


お昼に行ってみたらEXILEがリハーサルしてました。








南町奉行所跡に行ってみた

今日はJR有楽町駅前にある南町奉行所跡に行ってみました。場所は有楽町駅の中央口を出てすぐにある地下への入り口の反対側で、マルイが入っている有楽町イトシアの正面になります。

再現された石組下水溝の一部。

江戸城 南町奉行所跡


江戸城 南町奉行所跡


よく見ると刻印もある。L字?

江戸城 南町奉行所跡


説明板には平成17年に行われた発掘調査の様子や、その際に出土された「大岡越前守御屋敷」と墨書きされた荷札の写真などがあります。

江戸城 南町奉行所跡 説明板


南町奉行所の平面図と調査地点の図

江戸城 南町奉行所の平面図と調査地点の図


以下は説明板より


東京都指定旧跡
 南町奉行所跡


 江戸町奉行は、寺社奉行、勘定奉行とともに徳川幕府の三奉行のひとつでした。その職掌は、江戸府内の行政・司法・警察などの多方面に及び。定員二名で南北両奉行所に分かれ月番で交代に執務していました。名奉行大岡越前守忠相は、享保2年(1717)から元文元年(1736)にかけて南町奉行所としてここで執務をしていました。

 南町奉行所は、宝永4年(1707)に常盤橋門内から数寄屋橋門内に移転し、幕末までこの地にありました。その範囲は、有楽町駅および東側街区一帯にあたり、平成17年の発掘調査では、奉行所表門に面した下水溝や役所内に設けられた井戸、土蔵などが発見されました。また、「大岡越前守御屋敷」と墨書きされた荷札も出土しました。

 再開発事業では、石組下水溝の一部をここに再現するとともに、石材を事業地内でベンチなどに活用しています。

所在地  千代田区有楽町二丁目
旧跡指定 大正7年4月

平成19年(2007)10月 千代田区

ちなみに「有楽町」は織田信長の弟である織田 有楽斎(織田長益)の屋敷があったからといわれていますね。


【関連リンク】
地名と由来の江戸時代(有楽町イトシア)

江戸遺跡研究会会報 No.108(江戸遺跡研究会) ← PDFファイルです

皇居外苑では「天皇陛下ご即位20年祝賀行事」の準備が着々と行われていました。

この辺には祝賀式典会場の舞台と招待席が用意されるようです。

江戸城 天皇陛下ご即位20年祝賀行事の準備


【関連リンク】
天皇陛下御即位二十年奉祝委員会


天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典のご案内(天皇陛下御即位二十年奉祝委員会)

天皇陛下ご即位20年祝賀行事はなぜ11月12日に(MSN産経ニュース)

今日は平川門では無く、平川門(平河門)前に架かる木橋を撮影してみた。

現在、江戸城の木橋はこの平川門前に架かる木橋、和田倉門橋、弁慶橋の3つのみなんだそうです。

江戸城 平川門前の木橋

江戸城 平川門前の木橋

江戸城 平川門前の木橋

江戸城 平川門前の木橋

江戸城 平川門前の木橋


木橋の上から見える竹橋と帯曲輪。

江戸城 平川門前の木橋から竹橋と帯曲輪

江戸城 平川門前の木橋から竹橋と帯曲輪


擬宝珠。

江戸城 平川門前の木橋の擬宝珠

和田倉橋と和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

江戸城 和田倉門

今日は馬場先門に行ってきました。撮影対象は城外側から見て左側の石垣です。


日比谷濠からの馬場先門

江戸城 馬場先門 日比谷濠から


こんなに立派な石垣なのですが、前を通る観光客やサラリーマン、OLさんにはあまり注目されていませんでした。

江戸城 馬場先門(左側)


江戸城 馬場先門(左側)


江戸城 馬場先門(左側)


馬場先門 から日比谷濠

江戸城 馬場先門 から日比谷濠

楠正成像を見てきた

今日は皇居外苑にある皇居前広場の楠木正成像を見てきました。


躍動感のある銅像です。

江戸城 楠木正成像


かなりの大きさがあります

江戸城 楠木正成像


実は銅像の正面はこちら側。

江戸城 楠木正成像(正面)


楠木正成像ではなく、楠正成像とあります。

江戸城 楠正成像

江戸城 楠正成像


近くには楠公レストハウス。

江戸城 楠公レストハウス


楠公レストハウスの中にはちょっとした江戸城、皇居に関する展示がされています。

江戸城 楠公レストハウスの展示スペース

前の10件 1  2  3

MT42BlogBetaInner

江戸城巡りに重宝する書籍

江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)
江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)
江戸城周辺を巡るきっかけをもらった書籍。江戸城の”今”を巡って見たい方におすすめ。これを片手に江戸城周辺を巡ってみてください。

江戸城―その全容と歴史
江戸城―その全容と歴史
江戸城についての様々なことを知ることが出来ます。文章も分かりやすく、写真も豊富なのでこれもおすすめです。

切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 (古地図ライブラリー別冊)
切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 (古地図ライブラリー別冊)
江戸時代の切絵図と現代の地図を非常に見やすく対比している書籍。これを見て江戸城外堀などを巡ると楽しいですよ。

直伝 和の極意
体感・実感!にっぽんの名城

直伝 和の極意 体感・実感!にっぽんの名城 (趣味工房シリーズ)
千田 嘉博
414189723X

NHK教育
22:00-22:25
毎週木曜日
-------------
再放送
13:05-14:30
翌週木曜日


第1回
世界遺産の華麗な技と美
姫路城
【城歩きの道具】
01月06日(木)
01月13日(木)[再]

第2回
「日本最強?」のひみつ
熊本城(1)
【天守を撮る】
01月13日(木)
01月20日(木)[再]

第3回
「日本最強?」のひみつ
熊本城(2)
【櫓(やぐら)・堀を撮る】
01月20日(木)
01月27日(木)[再]

第4回
天下人家康の「究極の城」
名古屋城
【絵図を読む】
01月27日(木)
02月03日(木)[再]

第5回
天下無双の「要塞(ようさい)」
大坂城(1)
【歴史資料を読み解く(1)】
02月03日(木)
02月10日(木)[再]

第6回
天下無双の「要塞(ようさい)」
大坂城(2)
【歴史資料を読み解く(2)】
02月10日(木)
02月17日(木)[再]

第7回
独眼竜政宗の「野望の跡」
仙台城
【政宗像を撮る】
02月17日(木)
02月24日(木)[再]
第8回
真田一族ここにあり
上田城&松代城(1)
【模型をつくる(1)】
02月24日(木)
03月03日(木)[再]

第9回
真田一族ここにあり
上田城&松代城(2)
【模型をつくる(2)】
03月03日(木)
03月10日(木)[再]

第10回 浅井三姉妹のふるさと
小谷城
【山城歩きの装備】
03月10日(木)
03月17日(木)[再]

第11回
「縄張り図」を読む
鹿背山城
(かせやまじょう)
03月17日(木)
03月24日(木)[再]

第12回
「縄張り図」をかいてみよう!
03月24日(木)
03月29日(火)[予定]


直伝 和の極意

坂東三津五郎がいく 日本の城ミステリー紀行

03月25日(金)
 悲運の城・会津若松城
03月18日(金)
 将軍の城・江戸城
 甦る 史上最大の天守
 (再放送)
03月11日(金)
 豊臣・徳川 2つの大坂城
 戦乱の女たちの宿命(再放送)
03月04日(金)
 将軍の城・江戸城
 甦る 史上最大の天守
02月25日(金)
 信長の城と「天下布武」への道
 (再放送)
02月18日(金)
 迷宮の砦・松山城(再放送)
02月11日(金)
 豊臣・徳川2つの大坂城
 戦乱の女たちの宿命
02月04日(金)
 国宝・犬山城(再放送)
 戦国合戦の舞台となった名城
01月28日(金)
 信長の城と
 「天下布武」への道
01月21日(金)
 国宝・松本城(再放送)
 "2つの顔"名城の謎
01月14日(金)
 迷宮の砦・松山城
 勇壮な巨城の光と影
01月07日(金)
 国宝・彦根城
 国宝・彦根城と琵琶湖周辺の城(再)
12月31日(金)午後2時
 世界遺産・姫路城
 "美と戦略"融合の秘密
12月24日(金)
 国宝・犬山城
 戦国合戦の舞台となった名城
12月17日(金)
 今治城・宇和島城
12月10日(金)
 国宝・松本城
12月03日(金)
 2時間スペシャル
 現存天守12城と
 "幻の城"安土城
11月26日(金)
 国宝・彦根城
11月05日(金)
 今治城/宇和島城
10月22日(金)
 世界遺産・姫路城
10月15日(金)
 土佐の誇り・高知城
10月08日(金)
 難攻不落・熊本城


直伝 和の極意

ブラタモリ

03/10
 ~東京タワー・芝~
 をブラタモリ
03/03
 「江戸のゴミ」でブラタモリ
02/24
 六本木をブラタモリ
 ディレクターズ・カット
 完全版
02月17日
 横浜をブラタモリ
 ディレクターズ・カット
 完全版
02月10日
 赤坂をブラタモリ
 ディレクターズ・カット
 完全版
02月03日
 江戸城 外堀をブラタモリ
01月27日
 池袋・巣鴨をブラタモリ
01月20日
 羽田をブラタモリ
01月13日
 ブラタモリスペシャル
 第1シリーズ総集編 後編
01月06日
 ブラタモリスペシャル
 第1シリーズ総集編 前編
12月16日
 本郷台地(完全版)
12月09日
 三田・麻布(完全版)
12月02日
 横浜港湾
11月25日
 鷹狩り
11月18日
 住宅変遷史(日本の住宅)
10月21日
 新宿~水道編~
10月14日
 丸の内
10月07日
 築地

ブラタモリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.28-ja